疾患ごとの、原因・検査・治療

咽頭炎

  • 症状
  • 治療
  • 注意点

急性咽頭炎は、かぜ症候群のひとつとして発症します。咽頭に炎症が起こり粘膜が赤く腫れて、痛みを生じます。
炎症の広がり、粘膜の腫脹の程度によっては、咳、食べ物が飲み込みにくい、飲み込む時の痛み、熱が出ることもあります。
慢性咽頭炎は、急性炎症に続いて、その後も咽頭痛を長く繰り返す慢性炎症の状態で、不快感、異物感、乾燥感が起こります。ホコリやタバコ、飲酒で炎症が慢性化します。
鼻閉があると口呼吸となり、口腔から咽頭粘膜の乾燥のため慢性炎症を生じやすくなります。

細菌感染が明らかな場合は、抗生剤を内服しますが、そうでない場合はウイルス感染が原因のことがあり、対症療法として消炎剤、鎮痛剤、うがいをして炎症を抑えてゆきます。

かぜがきっかけとなることが多いので、かぜの予防が大切です。
咽頭を清潔に保ち乾燥を防ぐため、よくうがいをします。刺激を避けるため、タバコやお酒は控えましょう。
冬は、暖房の影響で湿度が下がりますので、部屋の加湿が必要です。

扁桃炎

  • 症状
  • 検査
  • 治療

急性扁桃炎は、喉の奥の左右両側にある扁桃組織が、細菌などの感染によって炎症をおこしたものです。
痛みだけでなく、発熱、飲み込んだ時に痛みがあるため食事が摂れないことがあります。
慢性扁桃炎は、長い間扁桃内に細菌が住みつき、体の抵抗力が低下した時に、細菌が増殖して痛みと発熱を生じます。

のどを診て、扁桃組織が赤く腫れたり、白い膿が付いているかどうかを確認します。
扁桃の細菌検査を行い、病原性のある菌が検出されるかどうかを確認します。

細菌感染が疑われた場合には抗生剤の投与、消炎鎮痛剤を使い、うがいを行います。
症状と炎症の程度が強い場合は、体の安静を保つとともに抗生剤の点滴を行うこともあります。
痛みが強く食事ができない場合は、入院点滴が必要なことがあります。

喉頭炎

  • 症状
  • 検査
  • 治療

急性喉頭炎は、かぜ症候群に伴い、外から見て喉仏(のどぼとけ)に相当する喉頭に炎症が起こった状態です。
かぜ症候群は主にウイルス感染によることが多く、喉の痛み、イガイガ感、咳、痰、声帯の炎症によって声のかれなどを引き起こします。
慢性喉頭炎では、声のかれや咳、痰が長引いている状態で、急性喉頭炎を繰り返す場合や、喫煙や、声の出しすぎ、ホコリや大気の状態などが関係していることもあります。

症状の経過が長い場合には、喉頭ファイバースコープ(内視鏡)検査を行い、喉頭粘膜の発赤、腫脹の有無を確認します。

内服で消炎剤、粘液調整剤以外に、ネブライザー治療(薬を霧状にして吸入)も行って治療します。

咽頭異物

  • 症状
  • 検査
  • 治療

咽頭異物は、食事中に異物が喉に刺さった状態で、主に魚骨が原因です。
異物はすでに取れていて、刺さった傷の痛みが続いていることもあります。

視診と、内視鏡で異物の有無を確認します。

異物が確認できたときには、鉗子で摘出しますが、異物が奥深くで摘出できない場合は、総合病院をご紹介いたします。

声帯ポリープ

  • 症状
  • 検査
  • 治療

声帯ポリープは、喉頭の一部である声帯に粘膜の慢性的な腫れ(ポリープ)が生じた状態です。
声の使いすぎや喫煙が原因となることが多く、学校の先生、保育士、声楽家の方などで起こることがあります。
声の酷使により、声帯が過度にこすれて、声帯粘膜に変化が起こり、声を出すときに左右の声帯が、うまく中央で合わなくなり、声がれを生じます。

喉頭ファイバースコープ(内視鏡)で、声帯のポリープを確認します。

声の安静(声を使いすぎないこと。声の出し方の工夫)、禁煙などが重要であり、粘膜の腫れを抑える吸入(ネブライザー)を行います。
病状が軽快しない場合は、入院手術を検討します。

咽喉頭異常感症

  • 症状
  • 検査
  • 治療

咽喉頭異常感症は、のどの違和感(のどに何かが引っかかっている感じ)、異物感が続いている状態で、のどの慢性炎症、アレルギー反応、乾燥などが関係しているとされ、それ以外にもストレスなども影響しています。加齢、糖尿病などが関連していることもあります。

喉頭ファイバースコープ(内視鏡)などで検査をしても、感染や腫瘍などの特定の病変を認めないのが特徴です。

消炎剤、粘膜・粘液調整剤、抗アレルギー剤、吸入(ネブライザー)療法が有効なことがあります。
また、通常の耳鼻咽喉科的診察で異常がなく、治療によっても症状の経過が良くない場合には、食道以下に病変のあることがあり、内科での食道内の検査を検討します。

睡眠時無呼吸症候群

  • 症状
  • 検査
  • 治療

夜間寝ている間に一定回数以上呼吸が止まる状態です。
寝ている間に、いびき、呼吸が止まるなど以外に、朝起きた時に口が乾いている、熟睡感がない、身体が重いと感じる、日中に強い眠気やだるさ、集中力が続かないなどの症状が出ることがあります。

就寝時には、仰向けの時間が長いことが多く、重力により舌がのどの奥の方に少し落ち込みます。通常は、その程度の舌の動きだけでは、気道が閉塞することはありません。
しかし、舌の周りに脂肪などが多く付いてしまっている場合(肥満の方など)や、もともと気道が狭い方は、このような舌の動きで、気道が狭くなって無呼吸を引き起こします。「いびきをかく」ことは、気道が狭くなっているサインにもなります。

寝ている間の無呼吸は、なかなか気がつくことができないため、検査や治療を受けていない方が多いと考えられています。
当院では、自宅で手軽にできる、いびきや呼吸の検査キットを使っていただき、就寝中の呼吸状態を計測記録します。
無呼吸の分析結果によっては睡眠時無呼吸症候群の専門医をご紹介させていただきます。(当院での治療は行っておりません)