2022年04月01日(金) 症状・治療 口呼吸にご注意を

鼻呼吸のメリット

1. 吸込んだ空気を適度に温める

鼻の中にはたくさんの血管が密集しています。
鼻から吸いこまれた空気は、血管を流れる温かい血液のおかげで適度に温められた後、肺に送られます。

2. 吸込んだ空気に適度な湿気を加える

鼻の中の鼻粘膜からは絶えず鼻水が分泌されています。
鼻から吸いこまれた空気は、鼻水のおかげで適度に湿気が加えられた後、肺に送られます。

3. 体内に侵入してきた異物を取り除く

鼻には、鼻の中に入ってきたホコリや花粉などの異物を取り除くはたらきがあります。
異物を取り除くための主な反応

・ くしゃみで外に追い出す
・ 鼻水を多量に分泌させ外に洗い流す
・ 鼻の中の粘膜を腫らして侵入を防ぐ

※これら(くしゃみ、鼻水、鼻づまり)が過剰に反応している状態が、アレルギー性鼻炎の代表的な症状です。

口呼吸にご用心

鼻がつまっている状態では鼻呼吸ができなくなり、口呼吸につながってしまいます。
しかし口呼吸は、鼻呼吸にくらべて、さまざまなトラブルを起こしやすい呼吸方法です。

「鼻呼吸」と「口呼吸」の比較



毎日自然と鼻呼吸ができるように、鼻水がでたら鼻をかむように心がけましょう。
さまざまな病気を予防するためにも、正しい鼻のかみ方を身につけ、鼻の中を正常な状態に保つことが大切です。
一覧へ戻る